テーマ:旅行

高遠のサクラ

11日の日曜日に一泊で長野へ行ってきた。マイクロバスを使って総勢13名、ある団体に誘われての観光視察旅行 行先は高遠(たかとう)城址公園 高遠コヒガンザクラを見に行ったのだ。本当は翌日の月曜日に見る予定だったけど、天気予報で雨だと分かっていたので前倒しの見学となった 「きれい」というより「スゴイ」というのが実感 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生口町

海路交通を使って尾道市から生口町に上陸した。目指すは「平山郁夫美術館」 桟橋から地図に沿って道すがら歩いていると、タイムスリップしたような街並みが現われてきた 平山郁夫の両親が眠るという菩提寺もあった 山門には「南無阿弥陀仏」と書かれていた この辺のお寺は阿弥陀世界の極楽浄土を説いた浄土宗なんだな 地元の人と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しまなみ海道

2月1日、2日と岡山市と広島県尾道市に行ってきた。島をつなぐ縦断道路が開通して便利になったようだが・・・ 住民の足、特に高齢者にとっては船がいまだに生活の手立てとなっているようだ バス停のように桟橋をめぐる船の機関士も、定期便の運航にお客からの話し掛けに夢中になって、停まるはずの桟橋を通り過ぎてUターンしたのには笑ってしまった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行きも帰りも

11日の水曜日から二泊三日で九州方面に出かけた。初日に到着した福岡空港は小雨交じりの天気だった マイクロバスをチャーターして、佐賀県唐津市に移動 観光行政の取り組みについて学んできました 翌日は晴天に恵まれたけれど風がちょっと強かった 13日は午後から雨、雨の石畳が似合う坂の多い街 そう、長崎は午後から雨だった 我…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まじめに観光視察

観光協会メンバー14名で伊豆長岡方面に一泊の視察研修に行ってきました。今回は単なる親睦旅行ではなく、観光キャラバンを兼ねてのものでした 朝6時半に地元を出発し、東京都の外れにある日の出町のイオンショッピングセンターで観光キャンペーンというお仕事付きです 我が市の名産品の焼きノリをPRを兼ねて無償で配布することになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退職祝い

去年の3月で早期退職したものの、すぐに選挙戦に入ったことと当選後は新人として全く行動が読めなかったことから自分の事は何もできなかった 今日から3日間、沖縄に行って来ます。女房と二人での「退職旅行」 あらためてはチョッと恥ずかしいけど、34年間仕事に集中出来たのも、妻が家庭を守ってくれたからこそ・・・ 感謝の気持ちを込めて、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

紅葉する白川郷

高山の駅から一時間ほど掛かって世界遺産の街「白川郷」に着いた 11キロもある長いトンネルを抜けると降っていた雨も上がり、そこはもう別世界・・・ 見晴らしのいい展望台から見る風景は 箱庭の世界だった 時間の流れに取り残された街 この「いにしえ」に入り込むことができるなんて タイムスリップした感じ でも、観光で食べてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉真っ盛り

10月の8日~10日まで北海道に行ってきたが、夕張の方は大分紅葉が進んでいた。まだ最盛期ではないと言うが関東から見ると もう紅葉真っ盛りな感じ・・・ 七かまどの赤い実と蒼く透き通った空を見て 思わずシャッターを切った 炭鉱の街夕張も閉山とともに人口が減り、残された観光施設も負の財産となってしまった 景色は綺麗なのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑かった京都

15日から2泊3日で京都に行って来た。祇園祭の山鉾巡行は圧巻だった。先頭の長刀鉾に乗っていた稚児の舞が本物の子供で驚いた 他のものは人形だったことはすぐに分かった アレだけ人形のように振舞うことの出来る子供の仕草 スゴイ! 炎天下の道路わきに イスだけ置かれた桟敷席でも 見るだけの価値があったというもの 前夜の宵山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の旅 最終章

書き始めてみると いろいろ想い出すものだ。2泊3日の沖縄旅行の最終日。本島を北から南まで縦断し、坂が多いことも分かった。市街地は平らな土地がほとんど無いのに驚いた・・・ 初めての方 第1回は⇒http://isamu-ua-136.at.webry.info/200705/article_26.html 第2回目の話しは⇒htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の思い出 沖縄編3

昼食はドライブインで団体専用の場所に案内される。指定席ではないので何処に座ってもいいのだが、たまたま2回の昼食とも同じグループと向かい合わせになった・・・ 前回の話は⇒http://isamu-ua-136.at.webry.info/200705/article_28.html 女性の二人連れで年齢は40代に見える 仕事の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の思い出 沖縄編2

ツアー観光は行き先や地理を気にせず行けるから割りと好きである。ただ自由行動が余り取れないということと 同乗者を選べないということを除いては・・・ 前回の話は⇒http://isamu-ua-136.at.webry.info/200705/article_26.html バスの席順は不平が無いようにと、初めからランダムに決め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の思い出 沖縄編1

去年の2月下旬、2泊3日で沖縄にツアーで行ったときの話。 夫婦の銀婚祝いを兼ねての旅行だった。当時高三の娘が ワンちゃんたちと家でお留守番してくれることになり、安心して行って来れたのだが・・・・ 【シルバームーン】を見て下さい⇒http://isamu-ua-136.at.webry.info/200608/article…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅行の思い出1

ゴールデンウィークの休みではなかったが、子供が丁度中二、小六、小三だった2月頃、職場の厚生組合でホテル優待チケットが当たったので 家族みんなして旅行に出掛けた 場所は熱海方面、この時の子供たちは、自我の芽生えか反抗期か 仲間の目を気にする年頃だったようで、電車の中でも会話がなく まったくの他人行儀 ところが、県内を出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅行漫遊記その2

旅行の続き・・・ 大浴場で旅の疲れを落とし リラックスした後、定刻どおり食事会場へ向かった。 懐石風の創作料理も その都度説明してくれたスタッフ。 これだけでもリッチな気分になれた おいしい物には コメントもいらない 写真を見てください 初めての方、 話の前編はこちら⇒http://isamu-ua-136.at.we…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅行漫遊記

毎日書き続けるブログ、ネタがなければ休めばいいのに ここまで来ると止められない。昨日走り書きした旅行について やっと落ち着いて書けます。 それでは旅行漫遊記の始まり~ 【温泉にでも浸かってゆっくりしたい】この言葉が切っ掛けだった JRの運賃と旅館込のパックを色々選出し、ワンちゃんの子守り役になる末娘の都合に合わせ、急…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慰労

昨日おとといと伊豆方面に旅行に出かけてきました。妻の企画で、娘をひとり無事嫁がせた慰労の意味を込めて・・・ ゆっくりと温泉にでも浸かりたいと旅行会社に相談、今回は泊まるホテルも 部屋のグレードを上げ、料理は専用の個室で頂く という話で伊東温泉に決めたらしい この二日間は天気は良かったものの 北風で気温が低かったが、移…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みちのくの旅

昨日とおとといの2日間は、この時季の東北地方とは思えないほど温かかったらしい。初めて訪れる日本三景のひとつ 松島・・・そして 初めて乗る東北新幹線・・・・・ 仙台までは 大宮一箇所しか止まらない「はやて」に乗って 一路目的地へ向かって北上・・・ 川端康成の【トンネルを抜けると・・・】じゃないけれど、トンネルがこんなに多い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集めちゃったねェ

旅行と言えば決まってお土産は「ペナント」か「ちょうちん」はつきもの・・・ 「うん・うん」とうなずいてる「あなた」、同年代ですね。 わが家もご多分に漏れず、お決まりの「ちょうちん」でした。 家族の誰かが出かけると、忘れないうちにまずは「ちょうちん」、こういった按配です。 家の長押(なげし)に集めること、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よみがえった神戸

これも2年前の話、初乗り飛行が終わった妻と12月に神戸旅行に行ってきた。私の学生時代の同期会があったからだ。勿論往復は飛行機で・・・ 我々の年代になると本人だけでなく、妻子同伴という形で家族サービスと合わせることが多くなるようだ。私もそのほうが行きやすいし、「パパだけずるい」と言われる事もないから都合がいい。妻同士も違和感なく飲み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旧婚旅行ファイナル

「北の国から」のロケ地めぐり、拾って来た家、架空のJRぬのべ駅、麓郷の森などのコースを進んでいるうち、北海道市民が外貨を得るために、いかに観光地として集客できるか真剣に考えていることを思い知らされた。 我々のように気候が温暖で、いつでもどこでも働けるといった考えとは明らかに違う。失業率が全国的にも最下位に近い北海道、ひとり一人が本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旧婚旅行「ふぉー」

2日目の出発時間は8時10分、定刻の集合で予定どおり。今日は太平洋側から日本海を経由して山並みに囲まれた定渓山に向かう。トラピスチヌ修道院に入って洗礼されたような気持ちになった。 北海道昆布館では何も買わず、大沼公園に向かった。沼をバックに集合写真、これもお決まりコース。一人千円のモーターボートにはすぐには飛びつかず、時間をおいて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旧婚旅行その3

観光バスに乗って予定を変更、一路ホテルへと思っていたが、コース変更はなかった。 後発の先着隊が函館ベイエリアの赤レンガ街を散策中ということで、短時間ではあるが見学合流となった。以降変則ではあったが、元町公園、坂の多い街函館を散策、いろいろな施設を見ている中、桂小金治師匠といっしょになった。奥さんと来ているらしい。 次の五稜郭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道旧婚旅行パート2

今回の旅行で最初のコースは空港めぐりに始まった訳だ。千歳には9時20分ごろに到着予定というアナウンス、高度も安定し、眼下の雲海に当機の影とレインボーリング(ブロッケン現象)が映し出された。これぞ観光旅行・・・9時22分無事到着、バンザイ!!思わず心の中で叫んだ。平然としているほかの客、本当にみんな平常心でいたのかな。5分ほど滑走路からタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お待たせ・・北海道旧婚旅行の巻

このお話は2年前に体験した旅行記です。 この年の夏は異常気象と言われるほど猛暑が続いていた。この暑さのせいではないだろうが、2歳2ヶ月になるミニチュア・ダックスフンドのメス(メル)が想像妊娠してしまった。 おもちゃの鉄アレー型のボールを我が子と思い、片時も離さない。何よりも好きなスナギモのおやつにも目もくれず、獣医も原因は分から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まぼろしのハネムーン

5月30日の時結婚式を挙げた。丁度ゴミ0運動が始まった年。その新婚旅行先は北海道へ・・・の予定だったが、妻がラージポンポンになり気圧の変化する飛行機はちょっと無理。言い訳しておきますが出来ちゃった婚ではありません。入籍は9ヶ月前に済ませ一緒に住んでいました。後は自然の成り行きで・・・ 実は内心喜んでいたのだ。初めて乗る飛行機に不安…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

山登りとハイキング

職場の仲間に誘われてハイキングに参加する事になった。初めてであったが体力には自信があった。たまたまタイミングが悪かったのは、前日に一杯飲み会があったこと。調子に乗って午前2時までやってしまった。まったく甘く見ていたのだ・・・ 早朝からの出発でほとんど寝ていない。長い車中では睡魔に襲われながらも自分だけ眠るわけにも行かず、二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涼を求めて

梅雨明け以降の日差しは焼け付くように痛い。熱い空気はまるでサウナに入っているような錯覚に陥る。そして久しぶりの雨・・・でも蒸し暑さだけが残る真夏の雨はいただけない。ましてや台風による被害も懸念される中、一服のお湿りで終わってくれる事を祈らずにいられない今日この頃。 観光地に住んでいるとあまり地元には行かない。他の人にとっては海水浴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルバームーン

今年の2月下旬、銀婚のお祝いを込めて沖縄に行ってきた。2泊3日のツアーではあったが本島の縦断巡りができた。空港に降りた途端に空気が変わった。暑い。まだ2月なのに・・・ 沖縄がこんなに傾斜地が多いとは思わなかった。琉球王朝の末裔、沖縄の人は温厚で話のイントネーションがやさしい。 心にオブラートがなく、コセコセしていない気がする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more