テーマ:映画

映画鑑賞

シルバーウィーク中旅行に出かけられなかった代わりに、久しぶりの映画を妻と観に行った エクスワイジー・シネマ蘇我 一つの建物にシアターが12もある 通常1800円の入場料のところ、50歳以上夫婦では1000円になるという割引があった (ラッキー) ロビーには人がごった返していたから、館内も混んでいるのかな~と思いつつ …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

忘れられない邦画

小学校の時、よく体育館 いやまだ我々の時は講堂と呼んでいた。その講堂で映画の放映会が年に1~2回行なわれていたことを覚えている その中で、忘れられない邦画があった でもタイトルも俳優の名前も分からない。記憶に残っているストーリーは、貧しい家庭の男の子が穴の開いた運動靴で通学していて 買い換えることもできない そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感動に・・・涙

映画で感動したものと言えば、忘れられないのが「愛と死をみつめて」 吉永小百合と浜田光夫のゴールデンコンビによりる感動の名作・・・・ 映画化されたのが1964年(調べました)。当時小学生だった私、白黒映画の記憶はあるが、仲間と行ったのか姉と行ったのかは覚えていない  入館料が子供料金100円(これも調べました)で、映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画の世界に憧れて

私の家の近くには映画館が一軒しかなかった。[大正館]というから 大正時代からやっていたのかもしれない・・・ 小学生のときはよく観にいったものだ。特撮映画やアニメーション、場合によっては小人プロレスも催された 今考えると不思議な映画館だった 特撮映画では[モスラ]のシリーズを真剣に観ていた。 双子の[ザ・ピーナツ]が(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出の昭和レトロ

映画『ALWAYS』以降、昭和レトロの人気が再燃したようだが、西岸良平さんの漫画は当時から大好きだった。  昭和20年代の戦後生まれに対して、「もはや戦後ではない」といわれた30年代に生まれた。 三丁目の夕日そのものだった幼少の頃・・・・ 男同士の遊びはめんこ・ビー玉・綾取り・・・といっても全て取り合う遊びだから真…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more