激動の1年

2016年の富津市賀詞交歓会で、市議会の総務常任委員長として中締めの音頭を取った

2016を語呂で言うと「フレイム」フレームとは枠のこと
しっかりとした枠組みを作り、富津市創生に向け協働していきましょう

そう言った

さらに、「えがお」は お互いに がんばれる エネルギー
だとも話した

その後、
公僕に再選されず

議会人として育ててくれた目標だった人も亡くなり

本当に激動の1年だった

一般人になって、多くを学んだ
肩書で近づく人がいるということを

人は肩書や役職で評価されてはいけない

私はどんな立場になっても 変わることは無い

2017年、私が接する人に対し「ぶれいな」ことがないようにと自戒している

さて、今年はどんな試練をあたえてくれるのだろうか

本年もどうぞよろしくお願い致します
画像




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック