役立つ喜び

公務員を34年、議員を8年。還暦を迎え、それに合わせるように公僕から身を引くことになったが・・・

まだまだ働ける
と言っても、生活のために働こうという気にはなれない

子育ても 家のローンも終わっているし

掛かる経費が減ったんだから、どうにか年金で生活できれば
と思っている

まだもらってないから、いくらか分からないけど
(年金だけじゃ生活できない と言われそう)

4年、4年で退職金をつぎ込んで、選挙やっていたんだから

公人で無くなれば、支出も減るし がむしゃらに働くことはないだろう
画像


自分の人生 何が残せるか
お金なんか残しても 意味がない

人の役に立つ 喜び
これは公務員時代に得られた 貴重な体験

必要とする人がいれば もっと役に立ちたいんだけど・・・

このまま自由人であり続けたいなぁ~

本当は自由気ままに あてない旅に行きたいくらい

でも、象牙の塔に立てこもる 訳にもいかず
家も家庭もある立場

変人扱いされては さらに困る


明日は、私が居住する区の総会がある
議長を 頼まれてしまった

こうなる運命なのかねぇ~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック