英語との出会い

小学6年の修学旅行でカーフェリーに乗ったとき、外国人がいて他の友達は「ハローハロー」と言って話し掛けたけど、私は近づくことすら出来なかった・・・

中学校に入って初めて触れた英語だが、教えてくれる先生が面白くて 好きになってしまった

「アイ マイ ミー サントリーレッド」 「ユー ユア ユー サントリーレッド」
と一人称・二人称の変化を 歌にして唄うのだ

その後、その先生に勧められて、当時流行っていたペンパルとの文通をすることになった
最初に紹介された人がデビーラ・マーシーと言う女の子だったことは 40年経っても忘れない

結局、こちらから送った手紙は 相手不在と言うことで戻ってきてしまったのだが・・・

とにかく、英語を話せることが嬉しくて 英語コンテストにも出場した。 これがまた、発音が外国人みたいだと誉められて、高校3年までの6年間 英語コンテストで全て入賞してしまった

これが私と英語との出会い
何事も好きになるってことがまず大事 特にキッカケが重要だと思います


幼児英語のエキスパート、今日はその英語を好きになるキッカケを紹介しよう

画像


【商品名】「Worldwide Kids English」
 URL: http://worldwidekids.jp/
 (発売:株式会社ベネッセコーポレーション)

「Worldwide Kids English(ワールドワイドキッズイングリッシュ)」は、(株)ベネッセコーポレーションが10月に発売する幼児向け英語教材です

教材の4つの特長はこちら

 《1》世界で通用するコミュニケーション力を育む
 《2》親子が一緒に楽しく英語を学べるカリキュラム
 《3》幼児期に親しみやすい「生きた英語」を集中して学ぶ
 《4》世界の名作玩具も教材に。「本物」にふれる体験をお届け

今は外国人も珍しくないし、生活英語を取り入れて話すことにウェイトを置く。当時は文法主体だったから 何だか分からなかったなあ。 スピーキングだけは好きだったけどね

「Worldwide Kids English」は、単に語学力を身につけるだけでなく、色んな国や文化があることを自然に受け入れ、自分の考えや意見でコミュニケーションできるようにという願いから開発されたということ これこそ理想の英語教育でお薦めです

画像


[親子で学ぶ英語]といっても身構えることはない。外国人が子育てで普通にやっているスキンシップなのだ。 知育玩具やマペット人形を使ってのお遊びだから、自然に楽しく受け入れられる

画像


現在、首都圏のショッピングセンター・書店をはじめ、各地ベネッセのショールームでは、
 「Worldwide Kids English」体験イベントを開催中!

 体験イベント内容
 http://www.benesse.co.jp/wk/event/index.shtml

 体験イベントスケジュール
 http://www.benesse.co.jp/wk/event/schedule.shtml

体験イベントは、9月22日~24日にも行なわれているので、会場近くにお住まいの方は、参加してみてください

ネイティブスピーカーのナマの英語に触れ、楽しく遊んでいるうちに自然に身につく言葉、これが生活英語なんだ。海外移住や留学なんてしなくても 本物が身につくはず

画像


こういう英語に出会っていたら、今ごろペラペラになっていたろうに・・・・心残りだ~


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック