感動の涙を流そう

終戦記念日が近づいてきた。
人はいつの時代に生まれても、その中で[喜び]を見つけ、幸せを掴み取ろうとする・・・

戦争という不幸な出来事が、全ての歯車を狂わせてしまった時代。その中でも、精一杯生き貫いて 小さな幸せを見出し喜び合う人々、なんとけな気でひた向きなんだろう 

忘れられていた日本人の「思いやり」を呼び起こしてくれる そんな映画を紹介します

2つの時代で2人の女性が生き抜く姿から、平和の尊さ、生きることの喜びを描いた人間ドラマ。 7月28日、全国の劇場で公開されます

画像


【作品名】「夕凪の街 桜の国」
 URL: http://www.yunagi-sakura.jp/ (配給:アートポート)

「戦後間もない広島」と「現代の広島」
原爆によって一瞬に消えた命、[生き残り]として、苦しみを引きずって生き続けていく辛さ

自分の両親、さらに祖父母の世代が生きてきたのはどんな時代だったか、ふと そんなことを考える きっかけを与えてくれる映画です

原作は、こうの史代さんの漫画作品
文化庁メディア芸術マンガ部門大賞・手塚治虫文化賞新生賞を受賞し、各所で話題を呼んだストーリーの映像化が実現しました

原爆投下から13年が経過した広島で暮らす皆実(麻生久美子)と、半世紀後の現代を生きる皆実の姪、七波(田中麗奈)の紡ぎ出す物語です

 出演:
 田中麗奈、麻生久美子、吉沢悠、中越典子、藤村志保、堺正章 他

ちなみに「夕凪」とは、夕方に陸の風と海の風が入れ替わる時の無風状態のこと
瀬戸内地方独特の気象現象なんだそうです

主人公の七波が、皆実や両親から受け継いだ「被爆」という大きな十字架
皆実の「髪留め」、「幸せになってほしい」という思い・・・・

あなたは両親や祖父母から何を受け継ぎましたか?

この平和な世に生まれた私は、いったい両親や祖父母から何を受け継いたんだろう?
資産も財産も無い。その代わり、身体だけは丈夫だ。曲がったことが大嫌いなこの気性・・・確実に親父の血を受け継いでいるだろう

[人の役に立つこと]に喜びを求める性格。 喜んでくれれば 自分も嬉しいというタイプに生まれた。損なようだけど、気持ちの上で 役立っているという満足度と自分がやったという達成感が大きいことで プラス思考でいられる

これも両親譲りだと思う

夕凪の街 桜の国オフィシャルブログ」では、映画のキーマンへ同じ質問でインタビューをしています。よかったら、みてみください


 佐々部清監督: http://blog.eigaseikatu.com/yunagi-sakura/2007/06/vol1.html
 こうの史代さん: http://blog.eigaseikatu.com/yunagi-sakura/2007/06/vol2.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック